本文へ移動

加工方法

加工方法

シルクプリント
シルクプリント
 
版を用いて商品にインクを刷り込む最も一般的な方法。色数が少な目で大量にプリントする物などに向いています。
 
 
デジタル転写
デジタルプリントシート転写
(フルカラー)
 
紙やフィルムに印刷したトナーに糊を付け、生地に熱圧着させる加工。
色数に制限が無く、写真やグラデーションなど細かい柄の再現も可能です。
カッティング転写
カッティング転写
 
糊のついたシートに柄を印刷する加工。
版の必要がなく、背番号や個人名などの小ロットの加工に向いてます。
 
昇華プリント
 
生地に直接インクを染め付ける加工。
細かい柄の再現性が高くグラデーションなど多彩な
デザインを楽しめます。
 
袖の方まで続け柄など縫製をまたがったプリントが可能です。
 
ポリエステル地のホワイトのみ対応。
染料染め 反応染料
 
シルクスクリーン印刷
のれんなど、人の手に触れるため質感のしっかりした綿素材などを使用する際に用いる方法。
これらの生地への印刷適性もよく、質感もしっかりした仕上がりになります。
 
昇華転写
 
屋外で使用するケースが多いのぼりなど、軽く雨にぬれても乾きやすいポンジなどのプリントに使用の方法です。薄い生地で、風によくなびきます。
 
 色数に制限が無いため、幅広いデザインに対応が可能です。
顔料染め
 
シルクスクリーン
 
版を用いて生地にインクを刷り込む方法
 
素材:綿生地 天竺
トロマット 横断幕
素材がポンジよりも厚手のトロマット
昇華転写方式ですが、ポンジへの印刷とは、また違った雰囲気の仕上がりになります。
 
しっかりした横断幕などに向いています。
 お問い合わせフォームはこちら
デザインでお悩みの方も、ご相談ください。
TOPへ戻る